2012年02月20日

一期一会の名刺入れ

2012年2月20日

京都の学生がデザインし、西陣つづれ織りで完成させた名刺入れの発表会が町家スタジオで開催されました。
入り口.JPG

きっかけは、西陣つづれ織り元「(株)あだち」の足立敏さんが、名刺入れに斬新なデザインを取り入れようとツイッターで京都の学生に呼びかけたところからはじまります。
足立さんのつぶやきを見た京都精華大学、京都造形芸術大学、京都市立芸術大学の学生達が集まり、カードケースをデザインし、(株)あだちが商品に完成させました。

「斬新なデザインを取り入れる事も目的ですが、学生達がデザインしたものを製品として完成することで、日本の将来を担う学生に夢を持ってもらい、またクリエイターとして社会人になった時にこの経験が少しでも役立つのではと思い、今回のプロジェクトを開始しました。」
と熱く語ってくださった足立敏さん。

足立さんが学生達に出したテーマは「一期一会」です。
名刺を渡すときは殆どが初めての場合が多く、たとえ今までに会ったことのある人でも、その時の出会いは一生に一度だけのものだと心得て交わるべき。との意味合いを元に出したテーマだそうです。

発表会では、学生一人一人が自分のデザインに込めた思いを発表。
学生.JPG

会の最後に出来上がった商品をお披露目しました。
名刺入れ.JPG

学生達自身も出来上がった商品を見るのは初めてで、感動して写真におさめていました。
写メ.JPG

出来上がった15作品は、3月1日からインターネット上で販売を開始するそうです。
15.JPG
posted by 町家スタジオ at 13:45 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。