2012年09月14日

映画24区KYOTO2012 俳優ワークショップ

2012年9月8日(土)、9日(日)
2日間にわたって、谷口正晃監督を講師にお迎えし「映画24区KYOTO 2012」俳優ワークショップが開催されました。

「映画24区KYOTO」は、京都を基盤に映画の製作・配給を行うシマフィルムと、東京を中心に映画人の育成を手がける映画24区とが共同で行っている映画人発掘育成プロジェクトです。
映画24区.JPG
参加者は合計で30名ほどでした。午前、午後と2グループに別れ、10代の学生から40代の方まで幅広い方たちが谷口監督のワークショップを受講されました。
このワークショップから俳優オーディションを行い、短編映画制作まで行うのでプロの方も参加されています。
株式会社 映画24区の三谷代表の挨拶からはじまり、谷口監督のお話、参加者の自己紹介を経て、グループに分かれてシナリオ読みが始まりました。
ワークショップ.JPG
その後、シーンの実演です。グループ毎に実演し、監督が演技に対する指導をするという流れが繰り返されていた町家スタジオはいつもと違った緊張感が漂っていました。
私はコソッと隣の部屋からその様子を伺いながら、この日記を書いています。

この中から一体誰が短編映画に出演するかはまだ未知の世界ですが、10月にも再度ワークショップが実施されます。こちらはまた受付中のようですので、「チャンスだ!」と思われる方は以下にお問合せ下さい。

http://shimafilms.com/eiga24kukyoto/?page_id=16



posted by 町家スタジオ at 17:03 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。