2010年12月06日

からまってん終了。ご来館ありがとうございました!

11月20〜28日までの9日間に渡る、京都の染織を勉強する学生団体「#Karamari」による「からまってん」が終了しました。
展示会と同時開催されたワークショップや座談会も大変好評でした。

一部学生の展示作品をご紹介します。

入り口に飾った「暖簾」すかしを利用した染めになっています。
のれん.JPG

江戸小紋の着物。製作者本人が成人式に着たそうです。
江戸小紋.JPG

葛篭織りのタペストリー(左)と「廃校」をテーマにした染物(右)
夜の町家でこれを見るとちょっと「ドキ」っとしました。
廃校.JPG

まだまだ沢山の作品が展示されています。是非#Karamariのブログをご覧下さい。
http://karamari2010.jugem.jp/?eid=28(からまりブログ)

来場者による座布団人気投票も実施
座布団.JPG

ティッシュ座布団、クラゲ座布団、からまり座布団 etc. 14名の学生が制作した様々な座布団カバーの中から栄えある人気No1は、嵯峨美の丸山裕樹さん作「背負える座布団」です。
丸山君いわく、現在鞄制作にはまっているそうで、「座布団を鞄に入れて持ち歩けたらいいのに・・・」という発想から「背負える座布団」が生まれたそうです。

座談会も3回実施しました。

11月22日「羊毛からはじまるからむ世界 - 編み・織り・フェルト・刺繍」
ゲスト:羊の原毛屋スピンハウスポンタ 本出ますみさん
「え?羊一頭分?」と思えるほどの原毛をお持ち下さいました。原毛って羊の油がついているんですね。匂いもしっかり羊でした。町家の中が牧場に変身。
珍しいフェルトのコートや
コート.JPG
様々な織り方の布を参加者に説明してくれました。
2013年には日本全国のテキスタイルの関係者と京都中の職人とをミーツさせるイベント「羊パレット」を計画中だそうです!http://www.spinhouse-ponta.com/Palette2012/index.html


11月25日
「藍の魅力とは?」
ゲスト:本藍染 雅織工房 天然藍染師 中西桂秀さん
最初にご挨拶をしたときにまずは衝撃でした。藍色に染まった両手!
「今日は染めの仕事をしていないから藍の色は薄いほうなんです」との事。職人の手って凄いなーと感動しました。
町家スタジオでは写真が撮れなかったのですが、#Karamriのスタッフが色とりどりの繭の写真を撮っていましたので、こちらをご覧下さい。ダイヤモンドに匹敵するくらいの値段の繭もありました!
http://karamari2010.jugem.jp/?eid=25(からまりブログ)

11月26日
「箔の魅力」
ゲスト:箔屋野口 野口琢郎さん
箔屋.JPG
西陣に生まれた野口さんは漆を使って金箔・銀箔を貼り付ける作品を多数お持ち下さいました。
とても気さくな方で学生達に作家活動を熱く語って下さり、学生達もかなり刺激を受けた様子でした。
http://karamari2010.jugem.jp/?eid=26(からまりブログ)

ワークショップ模様

染め
染め.JPG
輪ゴム・割り箸・ヘアピンなどで絞り染めです。

織り
織り.JPG
木枠に縦糸を作り、横糸を編みこむ平織りに挑戦!

フェルト
フェルト.JPG
羊毛を重ね、石鹸水をかけひたすらこすってからめると、フェルトに変身!

留学生の団体も参加してくれました。
http://karamari2010.jugem.jp/?eid=27(からまりブログ)

「からまってん」はこれにて終了!ですが、#Karamariは3年計画で進む予定。
次は「からまりましてん(増展)」を開催するかもしれません。
posted by 町家スタジオ at 11:39 | #karamari
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。