2012年10月16日

螺鈿実演

2012年10月12日(金)
螺鈿の実演セミナーが開催されました。
野村螺鈿.JPG

講師は嵯峩螺鈿野村代表であり、伝統工芸士でもある野村守氏です。

「螺鈿」って皆さん読めますか?「らでん」と聞くと「あー、あのキラキラした貝殻の模様ね!」と分かりますが、漢字だけ見ると「何だろう?」という感じがする方もいるのではないでしょうか。
実際に嵐山にあるお店では「つくだに屋さん?」と聞く方もいたそうです。

これは螺鈿の材料の貝殻です。
貝 (3).JPG
この貝から平らな材料になるまでまで削るそうです。

この薄く平らにした貝を貼り付けて装飾していくのですが、漆でつけて行くのが一番長持ちするそうです。
漆を塗りむ工程を数回繰り返すのですが、工程を重ねるごとに表面が平らにきれいに輝いていきます。
DSCN2657.JPG
お盆の上にある3つ丸い物がその工程ごとのものです。触ると表面がでこぼこしていてよく分かります。

さて、ここからは実際に貝を切り抜いてみましょう!
DSCN2662.JPG
薄い貝なら細い針のペンで切り抜けます。厚い貝になるとイトノコで切り取るそうです。

出来上がった千鳥(iphoneと共に・・・)
DSCN2665.JPG

本日は初心者の為の螺鈿実演でしたが、10月27日(土)28日(日)には天竜寺の寿寧院(じゅねいん)でお盆に装飾するワークショップが開催されます。
http://sagaradennomura.blogspot.jp/2012/09/blog-post_3.html
興味のある方は嵯峩螺鈿野村まで是非お問合せ下さい。
sagaraden@kyoto.zaq.ne.jp
posted by 町家スタジオ at 10:26 | セミナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。