2012年10月16日

螺鈿実演

2012年10月12日(金)
螺鈿の実演セミナーが開催されました。
野村螺鈿.JPG

講師は嵯峩螺鈿野村代表であり、伝統工芸士でもある野村守氏です。

「螺鈿」って皆さん読めますか?「らでん」と聞くと「あー、あのキラキラした貝殻の模様ね!」と分かりますが、漢字だけ見ると「何だろう?」という感じがする方もいるのではないでしょうか。
実際に嵐山にあるお店では「つくだに屋さん?」と聞く方もいたそうです。

これは螺鈿の材料の貝殻です。
貝 (3).JPG
この貝から平らな材料になるまでまで削るそうです。

この薄く平らにした貝を貼り付けて装飾していくのですが、漆でつけて行くのが一番長持ちするそうです。
漆を塗りむ工程を数回繰り返すのですが、工程を重ねるごとに表面が平らにきれいに輝いていきます。
DSCN2657.JPG
お盆の上にある3つ丸い物がその工程ごとのものです。触ると表面がでこぼこしていてよく分かります。

さて、ここからは実際に貝を切り抜いてみましょう!
DSCN2662.JPG
薄い貝なら細い針のペンで切り抜けます。厚い貝になるとイトノコで切り取るそうです。

出来上がった千鳥(iphoneと共に・・・)
DSCN2665.JPG

本日は初心者の為の螺鈿実演でしたが、10月27日(土)28日(日)には天竜寺の寿寧院(じゅねいん)でお盆に装飾するワークショップが開催されます。
http://sagaradennomura.blogspot.jp/2012/09/blog-post_3.html
興味のある方は嵯峩螺鈿野村まで是非お問合せ下さい。
sagaraden@kyoto.zaq.ne.jp
posted by 町家スタジオ at 10:26 | セミナー

2012年07月17日

瀧本哲史氏 「京都がツナガると、世界とツナガる」

KRP-WEEK開催のお知らせです!

毎年、8月前半に実施している「KRP-WEEK」 http://www.krp.co.jp/krpweek/
「KRP-STYLEを創る」〜知恵を結集し、新たな京都を発信するまち〜
が今年も開催されます。

期間は2012年7月28日(土)〜8月5日(日)です。
様々なイベント、セミナーが開催されますが、基調講演は京都大学の人気講義を担当されている瀧本哲史氏です。瀧本先生は縁があって、町家スタジオにも数回足を運んで頂いた事があります。

瀧本先生の著書「僕は君たちに武器を配りたい」はベストセラーにもなっていますよね!
大学の授業は教室から生徒があふれているそうですよ!そんな瀧本先生の講演を聞けるのは今から楽しみです。
事前申込されれば、どなたでも聴講頂けます。是非、この機会に皆さんも参加してみてください。

日時:7月30日(月)13:30〜
場所:KRP 4号館地下1階 バズホール MAP: http://www.krp.co.jp/access/index.html
参加費:無料
詳細&申込: http://www.krp.co.jp/krpweek/event/data.php?eid=00002


WEEK期間中2012年7月28日(土)〜8月5日(日)は、
他にも様々なイベントが盛りだくさんとなっております。





posted by 町家スタジオ at 14:31 | セミナー

2011年12月21日

THINK BIG!!開催しました!

2011年12月9日(金)
THINK BIG!! 〜MOVIDA JAPANの孫泰蔵氏から学ぶ〜 セミナーが終了しました。
孫氏の魅力がヒシヒシと伝わってくるセミナーで、聞き終わった後は何か分かりませんがエネルギーが沸いてくる感じがするセミナーでした。
孫氏セミナー.jpg

THINK BIG 大きく物事を考える。言葉では簡単でも実際にどうしたら良いのか・・・・って難しいですよね。

*****Googleメールで2GBの無料サービスを実施したのは2005年
*****この時代に2GBが無料で使えるって「どういうこと?」と話題になった時からわずか6年。
*****今では2GB無料と言われても誰も何も騒がない。
*****たった6年でこれだけ状況は変化する

セミナーの中で孫氏がお話された例です。
大きく(大きな目で)物事を考えると、その時は「え?大丈夫??」と周りから言われる事でも、数年後(数十年後)を見据えて考えると「成功する!」と確信が持てるそうです。

その時には相当勇気のいる決断が必要という事ですね。凡人(私)にはナカナカ・・・・。

最後にアントニオ・ガウディの建造物「サグラダ・ファミリア」の事にふれて終わられました。

「サグラダ・ファミリアの入館料は14.5ユーロ。見るのは工事現場。トントン、カンカンやっている工事現場を見せるのにお金をとっているのは世界中でここだけじゃないだろうか!?」

でも見終わったら更に工事に対する寄付をしたくなるほど感動されたそうです。
サグラダ・ファミリアは教会であることは多くの方がご存知だと思いますが、あれは完成すると一つの楽器になるそうです。完成した暁には全ての鐘塔を鳴らすと教会内部にある鐘が共鳴して鳴るという緻密な計算がされているそうです。
「自分の死後に完成する建造物に、ここまで緻密な計算をして考えて考え抜いた思いに感動し、寄付した!!」
孫氏と同じように感動される方は多いようで、完成まで300年はかかると予想されていた工事が、潤沢な資金と建築技術の向上でガウディ没100年周年の2026年に完成すると言われています。

「Think Big!」その物ですね。

セミナー参加者からは「自分の今思っている事、やろうとしている事に自信が持てた!」という感想も聞こえてきました。

お忙しい中、町家スタジオまで寄って下さった孫泰蔵さん、ありがとうございました。
posted by 町家スタジオ at 09:28 | セミナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。