2012年05月08日

町家スタートアップイベントVol1 開催しました!

2012年5月3日(木)
ゴールデンウィーク真っ最中の3日に、町家スタートアップイベントVol.1が開催されました。
定員の30名の枠をはるかに越えたため、数日前に申込を締め切るという盛況ぶりで、注目度の高さが伺えます。この会のモデレーターはStartup Datingライターの江口晋太朗さんです。

まずは江口さんの挨拶からスタート!
「この会を開催するきっかけは、Twitter上で、町家スタジオ館長田中さんと“京都ってスタートアップで面白い人がいっぱいいるよね!もっと京都を盛り上げて行きたいよね!”という話題からスタートしました。」
ST1.JPG
第一回目のプレゼンテーターは
yamory 代表 古川由己さんと
yamo.JPG

SAKELIFE代表 生駒龍史さんです。
sakelife.JPG

●yamoryは非常食の定期購入サービスを提供するサイトです。(http://yamory.com/
3.11の時に感じたことからスタートしたそうです。

「“一週間、孤立していた。”2011年5月にボランティアに行った宮城県南三陸町戸倉地区の農家の方が言っていました。一週間。幸い、近くに小川があったのと、農家 であったということで、食には困らなかったみたいだけれど、もしこれが都会であったらと思うと、ゾッとしました。3.11の時にちゃんと食料備蓄できてい た人なんてどれくらいいたのでしょうか・・・・。
人間って忘れる動物であり常に防災対策を意識し続けることが出来る人なんてそんなにいない。定期的に非常所を届けることで、忘れかけた時に防災対策を思い出してもらうためにも良い機会になると思います。」
とyamory代表古川さんは話されていました。

しかし、このアイデアが受け入れられなければビジネスとして成り立たない。世の中が必要としてくれるかどうか、仮説検証をするのに、キャンプファイヤー(http://camp-fire.jp/)で資金を募った時に反響がよく、実際に欲しがっている人がいるということを感じることができたそうです。

【価値仮説の検証】
全ての製品を完成させなくても、話をしてみての反応を見るだけで検証はできる!!(By古川さん)

●SAKELIFEは日本酒の定期購入サービスのサイトです。(http://sakelife.jp/service/
SAKELIFEはサイトを運営する生駒龍史さんと、千葉県の老舗酒屋の二十五代目高橋正典さんと二人で実施しているサービスです。
生駒さんはもともと日本酒好きという訳ではなく、ある杜氏さんとの話がきっかけでお酒に興味を持たれたそうです。(どんなきっかけかはUSTをご覧下さい)
SAKELIFEは「酒屋の接客の延長線上である!」という事を強く話していました。
「Web上で販売することで、人数が増え忙殺されてしまうのは避けたい事。爆発的にお客さんを増やすのは自分達の思いと方向が違うように感じていて、地道に酒屋の接客の延長線上であるWebサービスをやっていきたいと思っている」
※やはりキャンプファイヤーで資金を募り多くの方がこのサービスを支援してくれて自信にもつながったそうです。

お二人に共通しているのは「何をしたいのか」がはっきりしていることです。そして、そのサービスに対して仮説を立て受け入れられるかどうかを検証されていました。

「思い」&「仮説」&「検証」がスタートアップするのに必要なのですね。

ユーストリームで当日の内容をご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/recorded/22309639

二宮章氏(pencil)が360度パノラマ撮影をUPされています。
http://pencil-jp.net/vrpodcast/data/20120507/20120507_flash.html


posted by 町家スタジオ at 11:54 | 座談会

2012年04月24日

町家スタートアップイベントVol1 開催のお知らせ

2012年5月3日(水)19時〜「町家スタートアップイベント」と題した座談会が開催されます。
以下、主催者からのご案内です。

*****facebookより******

京都から起業や、新しいサービスをもっと発信していく
「起業や新しいサービスをもっと発信して盛り上げていく」こうした動きが日本中で起こり始めています。
新しいサービスを考案し、実際に形にしてチャレンジしていくことで、自ら道を切り開く人たちが少しづつでてきました。
こうした起業やスタートアップの動きは、なにもウェブを中心としたオンラインのサービスというだけではありません。
ソーシャルメディアなどが使われるようになってきた現代において、いかに自分の日々の生活をよくするか、これまで経験したことがない体験や出来事をつくるか、ということが、ネットのサービスを通じてよりよい環境がつくられるようになってきました。

こうした、これからの新しい「スタートアップ」について、
参加者と登壇者で密になってやりとりできる企画を、京都の町家スタジオをお借りして、話をする機会を設け、起業やサービスを展開したきっかけ、そしてそのサービスの今後などについて、しっかりと話をする場をもうけ、これからのつながりや、これから起業などをしたい人たちに、きちんとそのプロセスを共有し、すでに動きを起こしている人たちから、何かを継承できる場をつくっていけたらと思います。

そこで、まず第一弾として、2組のサービスの方々をゲストにお呼びして、そのサービスの成り立ちやきっかけ、そして、そのサービスが目指す思いやこれからなどについて話してもらいます。
また、そのあとは、モデレーターである江口とともに、これからのサービスに必要なものはなにか、対談形式で話をすると同時に、参加者との意見交換の場をつくりました。

東日本震災をきっかけに、地震に対する日頃の意識をつくりあげ、
非常事態の意識をもっと日常に溶けこませる定期購読サービスの「「yamory」

クラウドファンディングのCAMPFIREにおいて、一日で目標金額をサクセスしたyamory。
震災が”自分ごと”となったいまだからこそまさに必要なサービスだと感じます。
また、サービスをつくるきかっけとなったのが京都ということで、京都にもゆかりのあすサービスとしても、その経緯や思いなどを伺いたいと思います。

日本酒の定期購入サービスから、もっと日本酒の文化のハードルを下げ、若い人たちに食や伝統についての情報を発信していくSAKELIFE

先日、ウェブサイトがオープンしたSAKELIFE。こちらもCAMPFIREで目標金額の400%を超えるほどの注目が浴びました。
日本酒の需要が減少しているいま、どうやって若い人たちになじんでもらうか、また日本酒なども含めた日本の伝統文化などを身近に感じるための情報発信をおこなうSAKELIFE.これからの展開について伺います。

これら、ウェブだけでなく、実際に生活者とともにつくりあげるサービスをたちあげた2組をお呼びして、
サービスを立ち上げたきっかけから、サービスを実際にローンチするに至るまでの経緯や苦労、そしてこれから目指すサービスのあり方や展望などについての対談などをおこないます。

日時:2012年5月3日(水)19時〜(受付開始18時30分)
参加費:3000円
定員:30名
主催:江口晋太朗「84ism」
申込:facebookもしくは、コチラ
【実施概要】
●「社会問題を解決するyamoryがつくる震災意識」
yamory 代表 古川由己
●「SAKELIFEが作る日本酒のこれからと楽しみ方について」
SAKELIFE代表 生駒龍史
●「これからの起業やサービスのあり方について」
SAKELIFE×yamory
モデレーター 江口晋太朗
●懇親会
軽食+SAKELIFEより、日本酒提供予定


posted by 町家スタジオ at 11:17 | 座談会

2012年03月27日

町家ITトークイベント開催模様!

2012年3月23日(金)
今年度最後の町家スタジオ主催座談会「町家ITトークイベント」を実施しました。
kannbann.JPG
毎月の町家交流会もそうなのですが、なぜか町家スタジオ主催で開催する時は雨が降ります。
この日も夕方から雨が・・・。
そんな中、20名を越す方にお集まり頂きました。

今回のテーマは
「人を巻き込むメディア活用とサービス開発 〜ワクワクを生み出すその裏側とは?〜」
です。

ゲストに
株式会社ZIZO 代表取締役 川口智士氏
株式会社インフォバーン 京都支社長 井登友一氏
国立情報学研究所 准教授 大向一輝 氏
の3名の方にお集まり頂き、前半は対談形式、後半は軽くつまみながらの交流&質疑応答形式で実施。
top.JPG
サービスの開発の裏ネタなどもあり、色々と刺激があった3時間でした。
質疑応答も飲食しながらオープンな感じでできたのも良かったのかもしれません。

参加者の方がブログに感想をUPしてくれています。

http://d.hatena.ne.jp/opa2001/20120324/1332599955

http://mrk1869.sakura.ne.jp/?p=649

どうぞこちらも是非ご覧下さい!
posted by 町家スタジオ at 14:17 | 座談会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。