2013年02月27日

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **船本あやこ**

◎伊香立帖

◎クリエーター
船本あやこ
moco*design
印刷会社→デザイン事務所→広告代理店を経て2010年moco*design設立。
デザインやイラストのお仕事を中心に活動中。
船本あやこ.jpg

◎選んだマチへの想い
滋賀県大津市伊香立(イカダチ)。
京都に隣接する山の中。自然豊かでのんびりしていて、ここは本当に大津市なの?といろんな人に言われます。
今回改めて自分のふるさとと向き合って気がついたこと…
このマチで生まれ育ったから今の私があるんだということ。
今まで私に関わってくれたすべての人がつながって、つながって私は今の仕事をしています。
感謝とともに、また伊香立というマチが好きになりました。
まずは伊香立という名前を知って、覚えていただけたら幸いです。
posted by 町家スタジオ at 21:18 | マチオモイ帖

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **下田 美賀**

◎大路帖

◎クリエーター
下田美賀
株式会社タピエ 

◎選んだマチへの想い
自分が生まれ育った町。
今まで、何にもない町、どこにでもあるごくごく平凡な町だと思っていました。
町について思い返してみると、今の自分につながる
自我の断片がそこにはありました。
記憶の断片をひろい集めていくと、今の自分をつくる大切なものだということが分かりました。
下田美賀.jpg
posted by 町家スタジオ at 21:05 | マチオモイ帖

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **佐藤 啓子**

◎当尾帖

◎クリエーター
佐藤 啓子
Stem+(ステムプラス) 佐藤淳デザイン室
著書「Cosy English Gardens」「The English Gardens」「赤レンガ近代建築」(青幻社)など
栗東市景観審議会委員
木津川アート総合プロデューサー

◎選んだマチへの想い
2010年より<木津川アート>の総合プロデューサーをしている。
この<木津川アート>こそマチオモイの芸術祭なのだ。
アーティストの力を借りて、自分たちのまちを見直すと、
こんなにすてきなところだったのかと、訪れた人が一様に驚く。
「当尾」はそんな里山だ。
まち歩きを繰り返し、展示会場の大掃除をみんなで行う。
関われば関わるほどに、自分たちのまちへの執着が培われる。
地元の人とのつながりも、化学反応のように変化し濃厚になっていった。
胸を張ってお客さまをお招きできる、そんな誇らしい気持ちを1冊の冊子にした。
さとうけいこ.jpg
posted by 町家スタジオ at 20:56 | マチオモイ帖
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。