2013年02月25日

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **田中あゆむ**

◎尾長野帖

◎クリエーター
田中あゆむ
京都芸術デザイン専門学校を卒業後、
株式会社フィールドに入社。
現在、デザイナー歴丸3年。
手芸、工作、害のないいたずら、
くだらないことを全力でやること などが好き。

◎選んだマチへの想い
わたしの生まれ育った場所・尾長野(おながの)は、約20世帯・100人にも満たない小さな集落です。
周りに買い物できる場所もなければ自販機さえもない場所ですが、それに不満を抱いた事は一度もありません。
小さな場所だからこそ近所付き合いが盛んで、みんな仲よく団結力があり、イベントやお祭りごとはいつも全力で楽しむ尾長野の人たち…
自然が豊かなだけでなく、人も豊かなこの場所が私は幼い頃から大好きでした。
今は京都市内に住んでいますが、しょっちゅう帰りたくなる私の故郷です。
この冊子で、尾長野の素朴なよさが伝わればうれしいです。
posted by 町家スタジオ at 14:51 | マチオモイ帖

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **川本 誓文**

◎精華帖

◎川本 誓文 
大阪府産業デザインセンター
1962年大阪生まれ。
2008年よりNPO法人キッズデザイン協議会内の調査研究活動「こどもOS研究会」を主導。
「こども目線・こどもゴコロ」に着目した新たなデザイン創造手法の構築を行う。
キッズデザイン賞2010年:フューチャーアクション部門経済産業大臣賞受賞、
2012年:こどもの未来デザイン部門審査委員長特別賞を受賞。
かわもと.jpg

◎選んだマチへの想い
おとなになった今、しみじみと想う。
生きていく上での自分に対する自信、信念や価値感のような“芯”がいつ頃形成されたのかと?
記憶の糸を辿ると、それは、幼年期から小学校までの、ぼんやりとしたぬくもりが感じられる両親との思い出や友達と遊んだ記憶、数々の出来事がどうやら影響しているようだ。
ふるさとの自然、町並み、野原や神社、上り坂や崖、ため池、かくれんぼ、虫取りなどの大地で遊んだ経験に由来していると・・・。
そのような“マチオモイ”を我が子にも引き継いで行ければなぁと思う。
posted by 町家スタジオ at 14:45 | マチオモイ帖

【マチオモイ帖】クリエーターのご紹介 **ホリエフジト**

◎銀座帖

◎クリエーター
ホリエフジト(CanalDesigns/キャナルデザイン)
1969年 大阪市生まれの、滋賀県彦根市育ち。
高校生の折りは、彦根市銀座町を遊び場にする。
京都市内のテーマパーク施設で音響技術者の職に長年従事後、社内掲示物制作などを通じてデザイン職に転向。
2008年から主催兼デザイナーとして参加している「福山俊朗プレゼンツ〜トーク&ミュージックショー マジックラジオ」は6月の公演で20回目を数える。
2012年退社後グラフィックデザイナーとして独立しCanalDesigns(キャナルデザイン)を設立。
グラフィックデザインと舞台音響を中心に活動している。

◎選んだマチ(地域)への想い
善いことも悪いこともここが主な(笑)舞台だった。
そんな「銀座町」には自分がものごころついたころからの記憶が連綿と織り込まれていることについ最近気付きました。
「銀座帖」を作成することは自分を辿ることでもありました。
そんな「銀座町」を私と一緒に疑似体験していただければ幸いです。
もちろん、彦根の街に出向いていただくのが一番だと思いますが。
よろしくお願いします。

ホリエフジト.jpg
posted by 町家スタジオ at 14:35 | マチオモイ帖
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。